ふたりでつくる!オリジナルレストランウエディング

レストランウェディングのデメリット

準備に自主性が必要

結婚式専用会場等には、チャペルや神殿などの挙式場が敷地内に併設されていて、移動の手段も含めた結婚式全般の段取りがすでに整えられています。いくつか用意されているプランの中から予算や条件に合うプランを選び、オプション等で調整していくのが通常のパターン。結婚式の経験も豊富なウエディングプランナーが常駐していて、ふたりの思いを伝えればコーディネイトしてすすめてくれます。レストランウエディングの場合は、本業はレストランですので専用会場ほどの段取りは期待できません。

挙式スタイルと移動手段

人前式の場合はレストラン内でもできますが、チャペル式や神前式、仏前式となると、レストランとは違う場所で手配する必要があります。レストランまでの移動手段を考え、手配することになります。ゲストの移動手段、自分たちの移動などかかる費用と時間をしっかり計算してプランを練ることになります。

会費制?招待制?ドレスは?メイクは?引き出物は?

会費制の結婚式にするのか、招待制とするのか、結婚式に必要な準備項目をひとつひとつ洗い出して、それぞれ手配していく必要があります。ドレスやヘアメイクの手配、引き出物や招待状などは自分たちで率先して確認、手配準備をすすめていくことになります。ウエディング経験が豊富で専用スタッフをおいているレストランならば、手配先の業者紹介などもしてもらえる場合があるので、スタッフに相談しよう。

おすすめ記事ピックアップ

見た目は立派なのに、冷めてかたくなったお肉。スカスカのエビ。パサパサのケーキ・・・。せっかくの婚礼料理も見かけ倒しでは、ゲストもがっかり。料理で選べるレストランウエディングは、こだわりのお料理でゲストに喜んでもらいたいカップルに人気!料理の種類も、イタリアンのコースやジャパニーズフレンチなど、枠にはまらずに選べます。
はじめての結婚式準備。ぼんやりとしたイメージや、描きたいテーマは決まっているんだけどどうやってそれを表現して具現化するのかがなかなか大変・・・。専用会場なら挙式費用にプロデュース料金が含まれている場合がほとんどだけどレストランは別の場合が多い。専門スタッフがいなかったり提携先も少ないレストランでの挙式の場合、信頼できそうなプロデュース会社にすべてお任せすることも考慮して。
プライベート感たっぷりの一軒家レストラン、年配の方も落ち着いて楽しめる老舗の高級割烹料亭、設備充実で安心のレストラン、外国映画に出てくるようなガーデンパーティーができる庭付きレストランなど。ふたりの思い描くスタイルとゲストの顔ぶれに合わせたレストランを選んで、それぞれの特徴を活かしたウエディングを。