結婚式用の施設ではないので不便なことも

レストランウェディングのデメリット

施設設備・サービスの乏しいことも

結婚式専用会場やホテルには、結婚式に必要な設備・あると便利な設備が充実していますが、レストランの場合は不便なケースがあります。また、サービスの質も均一ではありません。

施設設備の充実度が低い

レストランには、新郎新婦の控え室、更衣室、親族控え室、ゲストが待ち時間をすごせるラウンジやロビー、荷物を預けるクローク、ドレスや引き出物などの保管場所、十分な数のトイレなど、必要な設備は整っていない場合も多い。着替えや荷物の保管場所などは特に不便に感じるので、事前に十分確認して。また、クロークの有無やロビーなどの休憩場所の有無、トイレの形状など、ゲストに不便を感じさせるものにも気を配って。年配者が多い場合は、急な階段の上り下りや狭いトイレなど、極端な不自由を感じさせる施設は会場選びの時点で避ける配慮を。

サービスもおもてなしの要素

サービスのプロといわれるのはホテルマン。一流ホテルのプロフェッショナルなホスピタリティはさすがの気配りでゲストをもてなしてくれますが、レストランは味は一流、サービス三流という言葉もあるように、必ずしもサービスが良いとは限らないのが難点。サービスの質が低いと大切なゲストに不快な思いをさせてしまうおそれもあるので、気をつけたいポイント。

おすすめ記事ピックアップ

見た目は立派なのに、冷めてかたくなったお肉。スカスカのエビ。パサパサのケーキ・・・。せっかくの婚礼料理も見かけ倒しでは、ゲストもがっかり。料理で選べるレストランウエディングは、こだわりのお料理でゲストに喜んでもらいたいカップルに人気!料理の種類も、イタリアンのコースやジャパニーズフレンチなど、枠にはまらずに選べます。
はじめての結婚式準備。ぼんやりとしたイメージや、描きたいテーマは決まっているんだけどどうやってそれを表現して具現化するのかがなかなか大変・・・。専用会場なら挙式費用にプロデュース料金が含まれている場合がほとんどだけどレストランは別の場合が多い。専門スタッフがいなかったり提携先も少ないレストランでの挙式の場合、信頼できそうなプロデュース会社にすべてお任せすることも考慮して。
プライベート感たっぷりの一軒家レストラン、年配の方も落ち着いて楽しめる老舗の高級割烹料亭、設備充実で安心のレストラン、外国映画に出てくるようなガーデンパーティーができる庭付きレストランなど。ふたりの思い描くスタイルとゲストの顔ぶれに合わせたレストランを選んで、それぞれの特徴を活かしたウエディングを。