レストランウエディングの招待状や引出物の用意はどうなるの?

レストランウェディングのデメリット

招待状〜引出物の用意

招待状や引き出物など会場外の準備については、ウエディングを得意としているレストランであれば手配先や手配自体を受けてくれる場合もあるようですが、レストランウエディングの場合、これらのものは自分たちで用意しなければならないのが一般的。他の会場のように、窓口ひとつで一括手配ができないのがレストランウエディングの大変なところ。

招待状は手作りでもOK!

ウエディングが得意なレストランなら、招待状はどうしたらいいのか相談してみて。業者を紹介してくれる場合も。オリジナルウエディングにとことんこだわるなら、ふたりらしい招待状を自分たちで作ってみるのもアリですが、招待状作成には、句読点は使わない、重ね重ねなどの繰り返し言葉は使わない、など、最低限守っておきたいマナーもあるので注意して。招待状の時点でゲストに不快な思いをさせてしまっては、せっかくのおもてなしも台無しに。

引き出物の手配も忘れずに

他の会場のように必ずしも引き出物リストなどを用意してくれるわけではないので、自分たちで探して手配することになります。手配の数、会場に持ち込むタイミングや保管場所など、レストランとしっかり打ち合わせしましょう。

おすすめ記事ピックアップ

見た目は立派なのに、冷めてかたくなったお肉。スカスカのエビ。パサパサのケーキ・・・。せっかくの婚礼料理も見かけ倒しでは、ゲストもがっかり。料理で選べるレストランウエディングは、こだわりのお料理でゲストに喜んでもらいたいカップルに人気!料理の種類も、イタリアンのコースやジャパニーズフレンチなど、枠にはまらずに選べます。
はじめての結婚式準備。ぼんやりとしたイメージや、描きたいテーマは決まっているんだけどどうやってそれを表現して具現化するのかがなかなか大変・・・。専用会場なら挙式費用にプロデュース料金が含まれている場合がほとんどだけどレストランは別の場合が多い。専門スタッフがいなかったり提携先も少ないレストランでの挙式の場合、信頼できそうなプロデュース会社にすべてお任せすることも考慮して。
プライベート感たっぷりの一軒家レストラン、年配の方も落ち着いて楽しめる老舗の高級割烹料亭、設備充実で安心のレストラン、外国映画に出てくるようなガーデンパーティーができる庭付きレストランなど。ふたりの思い描くスタイルとゲストの顔ぶれに合わせたレストランを選んで、それぞれの特徴を活かしたウエディングを。