ふたりの手に負えない場合はプロの力が必要

おすすめ記事ピックアップ

プロデュース会社が必要

専門会場のように常駐プランナーがいるとは限らないので、ウエディング専門スタッフがいるレストランもありますが、いないレストランの場合は、すべてを自分たちふたりで考えて手配しなければならないのがレストランウエディングのデメリット。

思い描くイメージをどうやって実現するか?が難しい

オリジナリティあふれる、ふたりらしい結婚式を!と思うイメージはあるものの、どうしたらそのイメージを表現できるのかは、なかなか難しいはず。結婚式に行ったことはあっても準備ははじめてだから、当たり前ですよね。そのためにウエディングプランナーというプロがいます。ウエディング専門会場の場合はその会場を知り尽くした専属プランナーがいて、ふたりの思いをかたちにしてくれますが、レストランはそうはいきません。

プロデュース会社って何?

ひとつの会場に限らず、トータル的に結婚式のプロデュースをしてくれる会社です。フリーのウエディングプランナーも同様です。レストランとの細かい打ち合わせや交渉、演出の企画、必要なものの手配、段取りなどをすべてトータルでプロデュースしてくれます。

予算に注意

費用が抑えられるというのがレストランウエディングのメリットですが、プロデュース会社にお願いしたら結局予算オーバーしてしまった!ということもあるので、コストパフォーマンスは十分な検討が必要。どうしてもこのレストランで挙式がしたい、という場合でなければ、すべて包括して面倒をみてもらえる専門会場のパックの方が希望に合うケースもあるので、総合的に考えて。

おすすめ記事ピックアップ

見た目は立派なのに、冷めてかたくなったお肉。スカスカのエビ。パサパサのケーキ・・・。せっかくの婚礼料理も見かけ倒しでは、ゲストもがっかり。料理で選べるレストランウエディングは、こだわりのお料理でゲストに喜んでもらいたいカップルに人気!料理の種類も、イタリアンのコースやジャパニーズフレンチなど、枠にはまらずに選べます。
はじめての結婚式準備。ぼんやりとしたイメージや、描きたいテーマは決まっているんだけどどうやってそれを表現して具現化するのかがなかなか大変・・・。専用会場なら挙式費用にプロデュース料金が含まれている場合がほとんどだけどレストランは別の場合が多い。専門スタッフがいなかったり提携先も少ないレストランでの挙式の場合、信頼できそうなプロデュース会社にすべてお任せすることも考慮して。
プライベート感たっぷりの一軒家レストラン、年配の方も落ち着いて楽しめる老舗の高級割烹料亭、設備充実で安心のレストラン、外国映画に出てくるようなガーデンパーティーができる庭付きレストランなど。ふたりの思い描くスタイルとゲストの顔ぶれに合わせたレストランを選んで、それぞれの特徴を活かしたウエディングを。