オリジナルのアイテムで自分らしさを演出しよう

オリジナリティのあるウェディングを演出

オリジナリティのあるアイテムを選択

ウェディングアイテムと言っても、ドレスの小物やアクセサリーから、会場の入口でまず最初に出会うウェルカムボード。指輪交換のときに大活躍するリングピローなどたくさんのものがあります。一般的な結婚式ではこれらすべてがセットになっているものが多く、自分たちでそれぞれのアイテムを自由に選ぶことはほとんどできません。レストランウェディングのいいところは、セットになっているアイテムもあるけれど、自分たちでアイテムを全部自由に選択できることです。手作りアイテムなら、自由に自分たちらしさを演出できるし、その準備もまた楽しいものです。結婚式の準備を通してふたりの距離もぐっと縮まって、ラブラブな結婚式になること間違いなし。手作りアイテムだからこそ、心のこもった演出が実現できます。ウェディングアイテムはゲストの目に触れる大切なもの。ふたりらしい結婚式を作り上げるためにもオリジナリティのあるアイテムでゲストや両親に感謝と感動を伝えましょう。

ウェルカムボード

入り口に飾るウエルカムボードは、結婚式のテーマを表現しやすいアイテム。例えば、ワインが好きなふたりがワインのおいしいお店でレストランウエディングをあげるなら、ワインのボトルやコルクを使ったウエルカムボードを作ってみたり。映画好きなふたりが映画のワンシーンをテーマにした結婚式をあげるなら、その映画にまつわるウエルカムボードを自作したり。花屋さんに相談して会場の外側からウエルカムボードまでフラワーアレンジで装飾するなど、かたちにとらわれないふたりらしいアイデアを実現できます。

手作りアイテムやスタイリッシュなデザインものなど、トータルコーディネイトもできる

フラワーアレンジができる人ならブーケを手作りで用意したり、手作りのウエディングドレスを着たり、こだわりのハンドメイドを取り入れるカップルも多いです。すべて同じブランドのものを利用したアイテムで統一して、トータルコーディネイトした世界観を演出するなど、自由な発想で選んで。

ゲストの顔を思い浮かべて

アットホームでオリジナリティのある結婚式ができるレストランウエディング。帰った後も「いい結婚式だったなぁ」と、あたたかい気持ちになってもらえるよう、ゲストひとりひとりの顔を思い浮かべながら、引き出物に添えて渡せるアイテムを個別に用意するのも素敵。ひとりひとりにむけた手書きのメッセージカードも、ふたりの感謝の思いが伝わって喜んでもらえるアイテムです。

おすすめ記事ピックアップ

見た目は立派なのに、冷めてかたくなったお肉。スカスカのエビ。パサパサのケーキ・・・。せっかくの婚礼料理も見かけ倒しでは、ゲストもがっかり。料理で選べるレストランウエディングは、こだわりのお料理でゲストに喜んでもらいたいカップルに人気!料理の種類も、イタリアンのコースやジャパニーズフレンチなど、枠にはまらずに選べます。
はじめての結婚式準備。ぼんやりとしたイメージや、描きたいテーマは決まっているんだけどどうやってそれを表現して具現化するのかがなかなか大変・・・。専用会場なら挙式費用にプロデュース料金が含まれている場合がほとんどだけどレストランは別の場合が多い。専門スタッフがいなかったり提携先も少ないレストランでの挙式の場合、信頼できそうなプロデュース会社にすべてお任せすることも考慮して。
プライベート感たっぷりの一軒家レストラン、年配の方も落ち着いて楽しめる老舗の高級割烹料亭、設備充実で安心のレストラン、外国映画に出てくるようなガーデンパーティーができる庭付きレストランなど。ふたりの思い描くスタイルとゲストの顔ぶれに合わせたレストランを選んで、それぞれの特徴を活かしたウエディングを。